FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告

10月30日

2015/10/31 (土) 02:45:54

今回の南京朱鷺フェスティバルには、インド、インドネシアをはじめ、タイ、シガポール、台湾、中国各地からたくさんののゲストが参集している。
そのほとんどすべての人たちが、直接、間接の知り合いであることに驚くというか、感慨がある。
にこやかに近づいてきた彼らから、「久しぶりだね」とか「会いたかった」と声をかけられる度に、三十年を超えるアジアとの付き合いの蓄積を再確認する。
ほんとうに僅かなことしか出来なかったが、細くてもいつの間にか縦横に張りめぐらしたネットワークに暖かな血が流れているのは間違いない。
この流れをなんとか次の世代に受け渡していきたいのだが。
Trackback(-) comment (0) : 未分類

10月28日

2015/10/29 (木) 10:04:04

南京の町を歩きながら、ここ数年の中国とのかかわりについて思いを巡らす。
必然と偶然との重なりの不思議さ、面白さ。
何をしているんだろう、何をしたいんだろう。
毎年数が増えていく若い友人たちに励まされて、確かにいま、何かが始まっている。
29日は重慶在住のグータオが、来年からの新プロジェクトを抱えて会いに来る。
Trackback(-) comment (0) : 未分類

10月26日

2015/10/27 (火) 23:52:52

昨夜遅く到着した鉄仙会の能楽師西村高夫さん、北浪貴裕さんを加え、今回の日本からの参加者全員の顔が揃う。
今年からの新会場、新築の南京博物館で終日稽古。
今回はじめて参加の能楽師ふたり(鵜沢光さん、北浪さ)と昆劇院ふたりとの共演『駅』、順調にスタート。
西村さんの能『楊貴妃』には、ワキ方として昆劇院の道化方銭くんが参加する。
『楊貴妃』の道具づくり、銭くんとのあわせなど、西村さん、長旅の疲れも見せず大奮闘。
Trackback(-) comment (0) : 未分類

10月26日

2015/10/27 (火) 01:48:57

南京二日目。
公式日程は昼からの記者発表だけだったが、開場下見、明日からの稽古の段取り、PCその他の中国設定など深夜まで作業いろいろ。
五年目の朱鷺フェスにはあらたに南京博物館が主催者に加わった。
前昆劇院院長の柯さんの「これはマーケットとは無縁の活動」という姿勢に共感しつつ、来年からの展開、ことに日本側の組み立てについて思いを巡らす。
鵜沢光さん、中尾薫さんの楽しそうな笑顔がとりあえずの励み。
Trackback(-) comment (0) : 未分類

10月25日

2015/10/26 (月) 00:34:10

南京。
五年目を迎えた南京昆劇院が主催する朱鷺フェスチバル。
今年は銕仙会の女流能楽師鵜沢光さんが同行。
他に能楽研究の中尾薫さん、この企画の当初から通訳の範囲を超えて協力してくれている延江アキコさん、もうひとり自主参加の演劇研究者大沢さんと、しっかり者の女性チームに四人に囲まれて大船に乗った心持ち。
ホテルで荷ほどきのあと、今年からの新会場となる南京博物館小ホールにダニー・ユンプロジェクトを観劇に。
Trackback(-) comment (0) : 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。